15年の実績と年間200社以上の経験と対応の法人在庫買取サイト|在庫買取.jp

在庫買取.jp

06-7507-1890

お問い合わせ

ブランド品

ブランド名を出さない在庫処分~アパレル~

ブランド商品のOEMを行っているメーカーからの買取事例をご紹介します。
今回の依頼品は、アパレル小物です。
アパレル小物
OEMメーカーで余剰在庫になっていた商品の在庫処分依頼でしたが、在庫になってしまった経緯は納期遅れでした。
OEMメーカー側の要望は、『ブランド名が絶対に出ないようにしてほしい』ということでした。

ブランド名を出さない在庫処分

ブランド名を出さないためにタグカットを希望されていましたが、先方の希望売却価格が高く、タグカット作業までしてしまうと弊社が赤字になってしまいます。
メーカーの希望買取価格は1枚あたり500円。タグカット作業が無ければなんとかなる価格なのですが、タグカットの作業費を考えると1枚単価500円での買い取りはかなり厳しくなります。
タグカットは手作業で行うので、どうしても人件費がかかってしまうためです。

在庫買取.jpからの提案

そこで今回提案させていただいたのは、買い取った商品を販売という形で消化するのではなく、ノベルティとして使用する方法です。
研修やセミナーを行っている企業向けにセミナー等の来場者特典として、この商品を使ってもらうのです。この方法なら、販売にはあたらないためタグカットをしなくても済みます。そうなると、タグカットの作業工賃が発生しないので希望価格での買い取りも可能になります。この提案を先方に承諾していただきました。

ブランド側が一番恐れるのは、ブランドイメージの低下です。
流通価格よりも安価に商品が市場に出回ってしまうのは絶対に避けなければいけません。OEMメーカーとしても、取引先のブランドイメージを下げるような行為は絶対に回避すべきです。

今回、タグカット作業なしでの買い取りを快諾していただいたので、買取価格も当初のご希望に添えるかたちになりました。そのため、当初予定していた物量よりも多くの物量で取引させていただけることになりました。
ノベルティ利用の企業側も予定していた予算以上の商品を購入できたと喜んでいただけました。セミナー参加者の満足度向上にもつながったそうです。

お客さまにも喜んでいただけて、ブランド品の在庫を市場に流出させることなく消化できたので、今回の取引は私にとっても満足できる結果に終わりました。

在庫買取.jpでは、お客様のご要望にできる限りお応えできるように積極的に提案をさせていただいております。お気軽にご相談ください。

2018-09-11 | Posted in アパレル, ブランド品, 在庫買取

 

一世を風靡したアパレルブランドの在庫買取

画像著作者:Vive La Palestina

1980年頃から、DCブランド(デザイナーズ&キャラクターズ・ブランド)が流行して、日本でもブランドブームが盛んでしたね。最近は大手ブランドの台頭で、だいぶ下火になってきた印象を持たれている方も多いと思います。何年か前は、このブランドよく雑誌に載っていたね、なんて、取引業者の方とよく話すことがあります。

在庫買取業をしていると、色々な在庫処分のケースに遭遇しますが、今回は日本で一世を風靡したアパレルブランドの在庫買取事例をご紹介します。

数年前までかなり勢いのあったアパレルブランドでしたが、ブームも終わり店舗数も減少している状況でした。そのため、経営方針を転換し、ランニングコストの高い実店舗での営業を廃止、ネットショップのみに絞って展開していくとのことでした。

抱えている不良在庫を一掃したいのですべて買取りして欲しいとのお申し出でしたが、日本国内では展開してほしくないとのご要望でした。
弊社の流通経路に海外市場があることはご存じで、海外限定の販売で何とかなりませんかと。

ネットショップのみの販売経路に絞られているとはいえ、実際に営業されているアパレルブランドですから、日本国内で安価に商品が出回ってしまうと、ブランドイメージの低下につながり、ブランドの希望販売価格での流通を阻害してしまいます。

こういった場合は、もちろん海外展開のみで販売させていただくのですが、今回は一つ気がかりな点がありました。このアパレルブランドの商品は、定価がかなり高い商品だったのです。日本では、高級DCブランドとして認知されているブランドでしたね。

ブランディングがされている日本では高級ブランドとして、高値で取引されている商品ですが、海外市場の販売店・バイヤーから見たら、ただの服でしかありません。海外輸出の場合は、日本でどれだけ高値で取引されている商品でも、ただの服としての価値で販売することになります。

今回のようなケースでは、依頼主が想像している価格よりは安価な販売価格での取引になってしまうことを、依頼主の方にご理解・納得してもらうことが重要です。
まず、この説明に時間をかけて、事情を無事了承していただきました。

在庫リストを送っていただき、海外市場の取引先と相談後、大体の価格を連絡しました。依頼主の方も、不良在庫を一掃するのが今回のいちばんの目的であり、この価格感ならおまかせしますとお返事をいただけたので、海外の取引先へ在庫商品を発送してもらいました。その後、現地で商品を確認後、値付けしました。

420万円で、約16000点の買取でした。

お客様の声

日本国内では販売してほしくなかったので、海外輸出のみに絞って販売してくれる在庫買取業者を探していて、在庫買取.jpをみつけました。販売価格について、丁寧に説明をいただき、納得できました。長年在庫買取業をされているだけあって高橋さんは知識が豊富で、私も勉強になりました。

2017-10-15 | Posted in ブランド品, 在庫買取