15年の実績と年間200社以上の経験と対応の法人在庫買取サイト|在庫買取.jp

在庫買取.jp

06-7507-1890

お問い合わせ

アパレル商材は在庫処分が難しい理由

アパレル業界の流行の移り変わりは、とても早いものです。
季節が変わってから衣料品を用意しても始まりませんから、その季節になる
ずっと前から何が流行するか予測して、デザインを決めたり発注したりしなければなりません。

アパレル商材
そうすることで、季節の変わり目になる前から、店頭には
次の季節の衣料品を並べることができるのです。

当然ながら季節外れのものやデザインが
古くなってしまったものは、店頭に並べることができません。

また小ロットでの発注はリスクが少ない反面、コスト的に無駄は多いため
なるべく大きいロットで発注することが多いです。
そのためどうしても在庫リスクが高くなり、仕入れ担当者の能力によって
無駄のない在庫管理が可能ですが、
それでも在庫が残ってしまうのがアパレル業界であります。

アパレル商材は在庫が残りやすい!

アパレル在庫
しかしながらこのように、随分前から準備をすることで、手違いで想定していたより
多くの商品が入ってきてしまったり、入荷が遅れて季節外れになってしまうことがあります。

あるいは、考えていたような出来ではなく、縫製ミスでB級品になってしまったり、
予測通りに販売がいかなかったり、特定のサイズや色展開のみ売れ残ってしまうこともあります。
そのような様々な事情でアパレル会社に返品されてきたり、卸すことが出来ず
倉庫に眠ったまま不良在庫となってしまう商品が、どうしても発生してしまうのです。

法人にとって在庫はすぐに現金化すべきです!

不良在庫は、倉庫に置いておいても倉庫代がかさむだけですし、
次々と新しい商品を置かなければならないので、在庫処分として値段を下げてでもセールをした方が、
法人としては運転資金となって助かるものです。

しかし、それでも売れない物も当然ありますし、アパレル商材は特にですが、セールをするとブランドイメージに傷がつき、正規料金で売れなくなると懸念するアパレルの法人もあります。

法人自体がセールは絶対にしない!!と決めているところもあるほどです。

そのようなときに利用したいのが、訳あり商品や在庫商品を買い取って
現金化できるように仲介してくれる業者である在庫買取.jp です。

在庫買取.jpは衣料品(アパレル)に限らず様々な商品を扱っていて、
買い取れないという種類の物がほとんど無いのが特徴です!

例えば上述したように安売りすると
ブランドイメージに傷が付くと心配な場合でも、

商材についているタグを切り取っての販売や
国内ではなく海外で売るなど細かく融通がきくので
安心して法人のアパレル業者の方にもお使いいただけます。

お問い合わせはこちら

2013-12-03 | Posted in アパレル, 在庫処分, 在庫買取