15年の実績と年間200社以上の経験と対応の法人在庫買取サイト|在庫買取.jp

在庫買取.jp

06-7507-1890

お問い合わせ

食品

食品商社からの在庫買取

今回のお客様は食品商社です。
いろいろな商材を扱っていらっしゃいますが、在庫として抱えているのは業務用の冷凍フルーツ原料でした。
ed5ea3bbe9e665ea452c21af347f58ba_s
今回は非常に難易度の高い案件でした。
商品自体は売り切る自信があったのですが、如何せん時間が無い。
まず、賞味期限が近い商品でした。
商品を保管する冷凍設備を弊社は持っていなかったので、一時保管もできず、すぐに買い取りしてくださる会社を探さなければなりません。

食品の賞味期限

この冷凍フルーツ原料は東ヨーロッパから輸入されています。賞味期限が半年を切るため、在庫処分を検討していました。
食品衛生法上、保存方法の変更(チルドから冷凍とか)や食品加工をしない限りは、最初に定めた賞味期限を過ぎてしまうと食品の廃棄処分が義務付けられています。食品は加工をすると、加工日から加工食品としての賞味期限を新しく設定することになります。冷凍フルーツ原料も賞味期限内に加工をしてしまえば、加工品として新しく賞味期限が設定され、加工品として販売が可能です。
こちらの食品商社では、賞味期限が近づいた商品は、今まですべて廃棄処分をしていたそうです。商社ですから、在庫処分に経費と時間を使うよりは廃棄したほうがコストをかけなくてすむという判断だったそうです。今回、コスト見直しのために廃棄ではなく、在庫処分の見積もり依頼をかけてこられました。

冷凍食材の在庫処分

数量は10トン。販路の規制は無く、小売店への販売もOKでしたので、まず小売店をあたってみました。ですが、業務用の商品のため難色を示され、加えて賞味期限が近いことを理由に立て続けに断られました。
このままでは小売店への販売は難しいと判断し、食品加工会社をあたることにしました。加工食品の原料として使うなら、賞味期限内に売り切ることは可能だろうと読んでいました。
ですが、冷凍の商品は通常の物流倉庫では保存できません。冷凍・冷蔵の設備のある会社にしか売り先が選べないので、ここで非常に難航しました。
設備を持っている会社を1社1社あたっていきましたが、賞味期限が近いこともあり、かなり断られました。

最終的に、ある食品加工会社が興味を示してくれたので助かりました。
冷凍キャンディーの原材料として利用するために買い取りいただけました。
商品自体は品質の良いものだったので、通常の仕入れと比べると原価が破格に安くなるので、喜んでくださいました。
1キロあたり80円で買い取りしました。

2018-09-20 | Posted in 在庫買取, 食品

 

お菓子メーカーからの在庫買取依頼

今回の在庫買取事例のお客様はお菓子メーカーです。
b36d496509903eefdc37047802d65224_s

お菓子メーカーの在庫

お菓子の在庫といえば、小売店などでは破損品や賞味期限切れなどが想像できます。メーカーでの在庫品なら製作過程の製造ミスや破損を思い浮かべる方が多いかもしれません。運搬中の箱の破損なども考えられます。ですが、お菓子業界ではもっと深刻な在庫を抱えやすい問題があります。背景には、この業界特有の在庫が発生しやすい供給のシステムが関係しています。
今回のお菓子メーカーを悩ませていたのは、『カット残』と呼ばれるものです。

『カット残』とは?

聞きなれない言葉ですが、お菓子業界ならではの風習といえるものです。通常の商取引での売買契約ですと、商品を購入しても、売れ残ったからといって簡単には返品はできません。ましてや代金の返金もお願いしますとなると、仕切り価格での取引には応じないのが普通です。たとえ減額での返金だとしてもなかなか返品を受け付けてもらえないものです。ましてや、賞味期限のある食品なら尚更です。
しかし、お菓子業界では販売店が仕入れた商品が一定期間売れ残った場合、『カット残』として返品を受け付け、購入代金として受け取っていた商品代金も返品分は返金するというシステムが存在します。私も初めて聞いたときは驚きました。通常の売買契約ではありえないことです。
賞味期限内のお菓子が返品されて来るのですが、お菓子の製造メーカーがこの返品されてきたお菓子を他所へ販売できるわけもなく、メーカー内に在庫として溜まっていくそうです。製造メーカーとしても、製造時の製造ミス・規格外品・包装ミスに加えて、このカット残による返品もロスとして考慮して運営しなければなりません。今回の販売店はコンビニエンスストアでしたが、毎回納品後に一定量は『カット残』として返品されていたそうです。

お菓子メーカーの在庫の末路

返品されてきた賞味期限内のお菓子ですが、通常は販売先が無いために100%廃棄の状態でした。返品されてきた商品は賞味期限内とはいえ、通常の販売ルートでは、賞味期限までの到達期間が何割の商品までと契約があるため、販売できません。製造メーカーからすれば、食べられる商品をただただ廃棄処分し続けるのは悲しいことです。
製造コストも考えると頭が痛い問題です。なんとかできないかと相談されましたが、依頼者は大手のお菓子メーカーであり、全国的に販売している商品なので市場価格に影響を与えない形で処分できないかとのことでした。

在庫買取.jpからの提案

今回提案させていただいたのは、この2点です。
提案1)お菓子の食べ放題を行っている飲食店に卸販売
提案2)養護施設などの学校関係での配布するお菓子として卸販売

卸販売を行うことで、市場価格への影響はありません。お菓子メーカーは在庫を一括処分できますし、卸先は高価なため仕入れを避けていた有名メーカーのお菓子を安価で仕入れられると喜んでくれました。市場の価格帯を変化することなく処分ができたというのが、お菓子メーカーにもしっかり理解していただけ、満足してもらえたため定期案件になりました。

お客様の声

定期的にカット残の返品により在庫が増えていました。市場価格への影響を恐れ廃棄処分を繰り返していましたが、今回相談したことにより、定期で在庫買取を依頼することに決めました。

2018-09-18 | Posted in 在庫買取, 食品

 

薬品メーカーの在庫買取

702061cfc0a785e9085ad368704dec1b_s在庫買取.jpでは、さまざまな商品を取り扱いしています。アパレル・雑貨・食品など。そのため、取引業者様の業種も多岐に渡ります。今回は、事例のご紹介で、大手薬品メーカー様との取引事例をご紹介します。

薬品メーカーといっても、取り扱いさせていただいたのは、医薬品ではなくて、健康食品にあたるサプリメントの在庫買取です。サプリメントの場合は、食品と取り扱いが基本的に同じなので、私たち在庫買取業者が気になるのは、賞味期限・消費期限です。やはり、賞味期限がギリギリの状態、切れてしまっている状態ですと、高値での買取が難しくなります。お客様とよいお取引をさせていただくためにも、在庫になったら早めのご相談をおすすめします。

事業部廃止による在庫整理

今回は薬品メーカー事業部を廃業し、事業部ごとライバル社に売却されたメーカー様とのお取引でした。
企業のM&Aは最近よく話題にもなっていますが、在庫買取業をしていると、主に事業を売却された方からの在庫整理の依頼が多くなります。会社を廃業すると、問屋や販売店に卸している商品在庫がすべて返却されます。
M&Aにともなう在庫の場合も、商品の製造は引き継がれたとしても、商品名・社名が変更されるので、旧社名の入った商品は返品されます。返品が起これば、商品代金もお返しすることになります。会社内で不良在庫が一気に増えて、キャッシュが少なくなる状態です。こうなると、少しでもキャッシュがほしいので在庫を販売して現金化したいところですが、旧社名が入った商品の販売はなかなか困難です。まず、パッケージに旧社名や商品名が入っているので、そのままでは使えません。パッケージを変更して販売するにしても、以前の販売ルートは使えませんし、在庫のみ販売するために新規ルート開拓をするのは無駄が多いので、まずやりません。
そうなると、私たち在庫買取業者の出番ですが、パッケージ変更にとうもなう経費などで高額な代金をふっかけてくる悪徳業者も存在しますので、注意が必要です。
在庫買取.jpでは、パッケージ変更や販路の限定の希望もお受けしております。価格に関しても、明朗会計を心掛けていますので、わかりやすく説明いたします。

今回の薬品メーカー様も、事業部売却後に問屋から大量の旧メーカー名の在庫が返品され、在庫の現金化のために連絡いただきました。
日本国内で展開されているメーカー様でしたので、販売経路を輸出限定の海外市場で、とのご希望でした。海外市場での展開先に目星をつけ、現地訪問し商品資料をもとに売り先を探しました。よいお返事をいただけた海外の問屋があったので、依頼主の薬品メーカー様に商品の展開場所と海外の販売店を提示してご納得いただきました。約300万円で37万点の買取でした。

2018-09-13 | Posted in 在庫買取, 食品

 

輸入飲料水の在庫買取

今回は輸入飲料水を在庫買取した時のお話です。
輸入食品の販売を手掛けていらっしゃる会社からの依頼で、東ヨーロッパから飲料水を輸送中に取引先の小売店が倒産してしまったそうです。
数量にしてトラック10台分!と大量でした。
飲料水
季節も秋で、シーズン的にも秋冬は飲料水の需要が減ってしまいます。
賞味期限は余裕がある商品でしたので、夏になればまた飲料水の需要が上がり、それまで待てば売り切ることは可能です。
ですが、在庫を倉庫に保管するため、夏までの半年間以上の倉庫の賃料を計算すると、かなり莫大なものになってしまいました。

なんとか販売できないかと模索されたそうですが、全量売り切る見込みが立たず、連絡をいただきました。
莫大な倉庫の賃料を払うよりは、今抱えている在庫を現金化したほうがコストカットになるとの判断だったそうです。

まず、商品URLをいただき仮見積しました。その後サンプルを送ってもらい、500ml飲料水72000本を1本あたり10円で見積し、承諾をいただきました。
今回は賞味期限にも余裕があったので、話自体は早く済みました。
以前の取引先の関係で販路制限をしてほしいとの要望がありましたので、地域外のロードサイドの量販店に販売することで決着しました。

今回は飲料水でしたが、賞味期限のある食品の在庫処分には神経質になってしまうお客様が多いです。
賞味期限内の販売をきちんとしてくれる、販売先を明示してくれる、明朗会計である、当たり前ともいえる対応をしない業者が存在するからです。

廃棄による在庫処分について-「ココイチ」廃棄カツ-


お客様から、在庫買取を依頼して、変に高い見積を出されたが、それでも在庫処分できるならと依頼したのに、それ以降なんの連絡もなく、最終的には連絡が取れなくなってしまったという話を実際よくお聞きします。
悪徳業者やブローカーは、販売先の確保が出来ていないのに、在庫処分の見積を先に提示して、それから高く買ってくれる買い先を探します。
在庫処分の見積も相場よりも高額なもので、同業者としては許せません。
それに加えて、買い先が出なければ連絡なしにばっくれるという責任感のない対応を平気で行います。

食品の場合は賞味期限があるものなので、連絡の取れなくなった間も、商品の賞味期限は迫っているわけです。
お客様にとっては、不安な状態が続きます。
在庫買取.jpでは、依頼をいただいたお客様への進捗情報の連絡を必ずしています。
お客様を不安にさせないためにも、これは徹底させています。

当たり前のことですが、情報を社内でしっかり管理し連携しているので、取引先にも信頼を置いてもらえていると自負しています。
新規のお客様が弊社のリーピーターになりやすいのも、悲しいことですが、在庫買取業者の中にはいい加減な仕事をする業者が多いからだと思います。
今後も誠実な対応でファンを増やせるよう、努力していきます。

●お客様の声

依頼から在庫引き取りまでの対応が早くて助かりました。連絡をまめにいただけたので、安心感がありました。今後もお願いするつもりです。

2018-05-16 | Posted in 在庫買取, 食品

 

大量の輸入菓子の買取事例

今回のお客様は輸入食品の仕入れ販売を行っている業者様です。お問い合わせをいただいた内容は輸入菓子の在庫が賞味期限が迫っていて、なんとか現金化したいというものでした。

お菓子はインド産のもので、内容は様々。

数量は4tトラックと10tトラック各1台というかなりの数でした。

これだけ大量にあって賞味期限が1か月を切っていました。

商品としては、パッケージもかわいいですし、悪くないと思うのですが、販売店で売れ行きが悪く、在庫として保管して気が付けば賞味期限が迫っていたそうです。
廃棄するのももったいないので、なんとかならないかと相談いただきました。

賞味期限がかなり切迫しているので、販売先を見つけるのにいちばん苦労しました。賞味期限切迫商品を扱う食料品販売店も取引先にありますが、これだけの数量だと期限内に売り切るのはまず不可能です。お客様の承諾をいただいて賞味期限切れの商品を扱う販売店もありますが、やはり数量が多すぎて難色を示されました。

在庫の販売先を探します

そこで、社内で企画を出し合い、色々なアイデアをまとめました。とにかく時間が無いので、時間をかけずに商品を消化できる方法を色々と話し合い、その中で、お客様感謝のノベルティとして配布してみるのはどうか?という案が出ました。

これなら、配布のみで簡単ですし、賞味期限内に消化ができそうだと採択しました。
早速、弊社のお得意先数社にこの企画で売り込みをしました。

何社か御断りも受けましたが、得意先の中の1社が『面白いね、それ』と好感触。
こちらは某小売店なのですが、来店者に配りたいと言ってくださいました。

1社で全量を購入していただき、賞味期限内にお客様にノベルティとして配ってすべて消化できました。
お店の利益としてはゼロですが、宣伝広告として使うということで、店舗SNSや店内ポップでノベルティを告知しました。
そして、結果的には店舗への来店者数が実施月は増え、売上増加に繋がることができたそうです。

お得意先からも、来店客も喜んでくれて、店舗にとってもよい宣伝広告になりましたと感謝されました。
これだけの数量の在庫買取のお問い合わせを受けたときはどうなることかと思いましたが、最終的に多くの方に喜んでいただけるかたちになり、本当によかったです。

4t車1台、10t車1台を一式で25万円の買取でした。

お客様の声

切迫商品だったので、廃棄も仕方ないと思っていましたが、アイデアひとつでこうも変わるものかと感心しました。在庫も無くなり助かりました。

2017-12-30 | Posted in 在庫買取, 食品

 

スーパーマーケットにおける過剰在庫の処分方法と対策

今回は、スーパーマーケットにおける各部門過剰在庫の処分方法と対策法についての記事になります。

スーパーにおける商品といいましても
生鮮食品・食材から
ソフトドリンク・アルコールなどの飲み物
缶詰・レトルト食品 などの加工食品 など
一概に食品の在庫といっても様々な商品が存在します。

では各食品ごとの在庫処分方法と対策ほうについて解説していきます。

■スーパーマーケットの食品の分類

スーパーマーケットは様々な部門が集合して1つの売り場を形成しています。大抵は、野菜や果物を扱う「青果部門」、鮮魚などを扱う「海産部門」、お肉を扱う「精肉部門」、一般食品やお酒、ドリンクなどの「グロサリー部門」、お弁当・お惣菜の「デリカ部門」に分かれています。扱う商品がそれぞれ異なり、賞味期限などの日持ち期限に大きな違いがあることから、発注方法や過剰在庫品の数が全く違います。それゆえに各部門でのそれぞれの管理がとても重要になってきます。例えば、野菜や果物は長くても1~2週間くらいの日持ち期限なのに対し、レトルト食品や冷凍食品といった一般食品は数か月持つ場合が大半です。日持ち期限に大きな違いがありますので故に、発注方法が異なり、手動発注や自動発注といった違いから大きな過剰在庫が生まれてしまう場合もあります。知らぬ間に沢山の在庫が入ってきたということも珍しくありません。

■賞味期限と消費期限の違いとは?

皆様がよく購入される食品には「賞味期限」で表示されている場合と、「消費期限」で表示されている場合の2種類の表示方法があります。それぞれの意味に違いがありますのでよく理解しておきましょう。まず「賞味期限」ですが、これは比較的日持ちのする食品に表示され、その期限内であればおいしく食べられるということを意味します。期限を過ぎても食べられないということはありません。一方、「消費期限」で表示されている場合は、劣化が早く、傷みやすいものに表示される場合が多く、その期限までは食べられるが、それ以降は食べられないという意味になります。すなわち、期限を過ぎたら口にしてはいけません。両者には大きな違いがありますが、いずれも開封していない状態での期限表示ですから、開封した場合には表示されている保存方法に従い、速やかに召し上がることをお勧めします。

■各部門での在庫品の発注方法と検品の問題

各部門で商品や在庫品の発注方法に大きな違いがあることは先にも述べましたが、このことは売り場全体で考えますと、大きな弊害を生むことになります。部門間で発注方法が違うと、手動で発注した場合は、在庫を確認しながらの作業なので過剰に発注することがありませんが、自動発注になると勝手に商品が送り込まれてくるため、何がどれだけ入荷したかを確認できずに過剰在庫が生まれてしまいます。自動発注は登録された商品が前週にどれだけ売れたかによって数量が算出されるので、送り込まれた週は全く売れずに売れ残る場合があります。これが過剰在庫になってしまいます。また、すべての商品に対して日持ち期限の検品を行いますが、限られた従業員の人数で時間内に終わらすことが難しいため、期限切れの商品を撤去し忘れるといった問題が発生してしまいます。食品を扱っている会社にとっては、消費者の信用を落としかねません。

■スーパーマーケットの在庫処分方法 その1 「販促をうつ!」

大量に残ってしまった在庫などを処分する方法としては、広告やチラシを利用して「販促をうつ」方法が最も効果的です。地域の消費者の方々に特売などで、過剰在庫を安く買っていただけば、すぐに大量の在庫をはき出すことが可能です。「半額セール」などのコーナーを作り、まとめて置いておけばあっという間に過剰在庫を処理することができます。

■スーパーマーケットの在庫処分方法 その2 「値引き処理」

どのスーパーマーケットでも商品の値引き処理は毎日行われています。ある一定の期間や時間を過ぎたものはどんどん2割引き、3割引き、半額といった値引きシールを貼っていきます。これを利用し、同様に過剰に余った在庫品などに半額シールを張り付けて売り場に展開しておくと、短時間で処分することができます。こちらも在庫処分には有効な手段です。

■スーパーマーケットの在庫処分方法 その3 「大量に出た廃棄品は家畜の餌に・・・。」

雑貨品やドリンク、酒類などは日持ち期限を過ぎると廃棄せざるを得ませんが、食品に関してはリサイクル業者を通じて、家畜の餌として再利用することができます。廃棄は最終手段になりますが、少しでも利益として残すにはこのように再利用する手段を考える必要があるでしょう。スーパーマーケットにおいては他の小売業と比較しても、商品の回転率が早いため、どうしても廃棄という手段を選ぶことが多くなってしまいます。再利用できるものはその方法を模索し、在庫処分業者などと提携をし、今後の方針を考えていくことが必要と言えます。

■スーパーマーケットの在庫処分方法 その4 「弊社の在庫買取サービスの利用」

生鮮食品はさすがに難しいのですが、加工食品やドリンクなどは弊社にもかなりの数が依頼される食品のカテゴリです。

また季節商品の売れ残りや、賞味期限切れ、賞味期限間近の食品

在庫買取.jpではそういった食品でも買取させていただいております。

倉庫に眠った不要な食品や在庫管理、在庫処分にお困りなら是非一度在庫買取.jpにご相談ください。

2017-07-11 | Posted in 在庫買取, 食品