15年の実績と年間200社以上の経験と対応の法人在庫買取サイト|在庫買取.jp

在庫買取.jp

06-7507-1890

お問い合わせ

アパレル

大手ネットショップから大量の発注を受けたOEM業者からの在庫買取依頼

今回の依頼者はOEM業者です。
在庫として抱えてしまった商品を処分したいとのお申し出でした。商品はUネックとVネックのベタな半袖Tシャツでした。
Tシャツの製作を依頼したのは大手ネットショップでした。ネットショップにて送料無料500円で販売される予定の商品として製作されました。
ネットショップイメージ
これはネットショップ特有の戦い方の一つなのですが、『送料無料』の商品を準備することでバナー広告が出せます。送料無料を打ち出して広告をやりませんかと営業がやってきます。この広告枠によって、『送料無料』の権利を得ることができ、『送料無料』で検索する消費者も取り込むことができます。この商品単独での利益は出ませんが、高確率でその他の商品もまとめて購入するため、トータルでかなりの利益が見込めます。

ネットショップは大量発注で生産コストを下げないと、まず勝てません。
依頼者のOEM業者もセール時期に合わせて納品予定で進めていましたが、中国の生産工場が国の環境規制のために閉鎖されてしまいました
昨年(2017年)の8~9月のお話なのですが、中国では深刻な大気汚染の対策として、国を挙げての環境対策を実施しています。特に冬場は大気汚染が深刻化するため、生産を停止する企業もあります。この政策により倒産する会社も多数出ている状態です。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H42_U7A910C1FF2000/
“環境規制の強化で中小の工場を相次いで閉鎖していることも響いた。”
“「環境調和型の発展理念を各都市が徹底した」と語った。中国政府は大気汚染が深刻化する冬場に向けて規制をさらに厳しくする方針で、北京周辺だけでも17万社が生産停止になる可能性がある。”
日本経済新聞 2017/9/15

この工場は倒産を免れましたが、納期までに納品できたのは一部で、残りの商品は間に合いませんでした。このため、2回目の納品がキャンセルされてしまう事態になってしまいます。
商品が中国の工場にある段階でのキャンセルならよかったのですが、日本国内に入れてしまったためOEM業者での買取となってしまいました。しかも、ネットショップのオリジナルブランドだったため、他販路で販売もできない状態でした。
輸入のコストは中国と日本で1.2倍ほど異なります。例えば、中国で200円の商品が日本についたときには240円になります。輸送費+商品代金+消費税8%+関税がかかるためです。商品を日本に入れてしまったら、さらに輸送費がかかります。
依頼先からはキャンセル、オリジナルブランド商品のため他の販売先にも流通できない。まさにお手上げの状態でした。

在庫買取の依頼をいただき、上記の事情を伺いました。商品のTシャツは非常にシンプルなものです。無地、プリントなし、デザインも至ってシンプルなUネック・Vネックでした。特徴的な商品では無いので、今回はブランドタグを外して販売させてもらうことにしました。シンプルな商品なので、タグさえ外してしまえば、ネットショップにも迷惑がかかりません。タグカットのため、1点あたり80円で買取させていただきました。22000点で176万円の買取でした。

依頼者のOEM業者からも、ネットショップに迷惑をかけない形で、在庫の現金化ができたと感謝していただけました。
OEM業者は基本、在庫を持つと負けです。出前専門店と同じ理論ですね。
ネットショップから依頼をもらって国外の低コストな生産工場に依頼する。商品が売れれば、ランキングに載り、さらに追加発注となります。
OEM業者はこの循環で営業しています。ですが、今回のケースのように、不測の事態で納期遅れを起こす場合もあり得ます。

もし在庫を抱えてしまったら、在庫買取.jpにぜひご相談ください。

2018-05-25 | Posted in アパレル, 在庫買取

 

メーカー大量見切りアパレル商品の買取事例

セール写真
今回はアパレルメーカーの見切り商品の買取事例をご紹介します。
買取依頼をいただいたのはアパレルメーカー様です。某有名ブランドの見切り商品を3回に分けトータルで80000枚買取しました。

この商品は、まず店舗での定価の通常販売、そして季節ごとのセール(サマーセールや年末セール)を経て、それでも売れ残ってしまったものでした。
手元に商品が届いたときには、店舗でのファミリーセールを行った後で、ほとんど赤札の値下げシールが付いていました。
これだけの値引きセールをかいくぐってきた商品なので、なかなか手強い不良在庫といえます。

しかしながら、どんな商品でも売り方ひとつでがらりと変わります。
長年、在庫買取業を営んでおりますので、どんな商品でも売り抜く自信が弊社にはあります。
特にアパレル商材は弊社の得意分野ですので安心しておまかせください。

在庫買取.jpの特徴

今回この事例をご紹介するにあたり、弊社の他社にない特徴も踏まえてお話します。
お問合せをいただいたときに、送られてきたのが、8万点の在庫明細のみでした。
お客様の立場からすれば、『在庫処分に余計な時間も経費もかけたくない。』
そのお気持ちが痛いほどわかるので、明細書しかない、簡単なリストのみの場合でも、見積対応をしております。
加えて、同業他社ならば、在庫の中からブランドなら品番指定、高く転売できる売れ筋商品のみを買取するものですが、弊社の特色として、在庫買取を受ける場合は在庫一括での買取をしております。
一括買取することで、依頼主は倉庫から在庫を一掃でき、すぐに次の商売の展開が可能です。おまけに、一気に在庫を現金化できます。

見積をご承諾いただければ、在庫一式を送ってもらい、仕分けや整理はすべて弊社で行います。
その時に報告いただいている数量や商品に違いがあればすべて報告して、お客様の回答・承諾をもらってから作業をすすめています。

お客様に対して誠実な対応を徹底すること、これは弊社スタッフにいつも教育していることで、お客様に安心・信頼いただくことをいちばんに考えて仕事に取り組んでいます。

今回は販売経路の限定指定は特になかったのですが、仕入れ先の情報は絶対に開示しないでほしいとのご要望でした。
そこで、数ある弊社取引先の中からブランドアラカルトでチェーン展開している小売店を選定し、販売しました。
今回は販路規制はありませんでしたが、よくあるNG例で、ネット販売禁止・○○地域で販売禁止・百貨店やモールはNG・日本国内での販売NGなどがあります。
長年にわたり在庫買取業を営んでいる経験から、どのようなご要望でも対応できる体制を整えております。

お客様の声

明細のみでの見積、在庫一括買取、これは数ある在庫買取業者の中でも、在庫買取.jpだけではないでしょうか。
見積も早く、自社での作業が無いので、いつも助かっています。

2018-05-18 | Posted in アパレル, 在庫買取

 

アパレル店閉鎖に伴う在庫買取事例

アパレル在庫

老いた母が婦人服のお店をやっていましたが、骨折してしまい営業の継続がままならなくなり、
売上的にも商売の譲渡などは難しい状態の店舗でしたので、この度母と相談しまして閉店することにしました。
不動産屋への店舗の引き渡しもあるので、できれば早く処理したいと思ってます。
売れ残った在庫の買取を一括でお願いしたいので、一度見積りをと依頼を受けました。

見積もり方法

店主のお母さまは骨折のため、息子様がお仕事がお休みのときのご都合にあわせ、
店舗を開けてもらい売れ残ったアパレル商材の見積もりをさせていただきました。

その際、在庫品を、買取る商品と廃棄物とに仕分けするのですが、お客様に納得いくように、その話合いに大半の時間を費やしました。

買取価格

今回の買取事例としまして、なかなかほこりのかぶった商品や、虫食いの商品もあり、革で出来ている商品タグはかなり傷んでしまっているものもありました。ですが、状況も状況でしたので、他所の業社では買取されないであろうB品も買取らせて頂くことにしました。お客様にも上記の件を伝えたうえで、

2t車1台分のアパレル商品 (ワンピース・冬物アウター・コートやセーターなどなどをメインに幅広く買い取りさせていただき
残念ですが4t車1台分の商品は廃棄物として処理させていただきました。(特に冬物アウターはかさばるため、)

廃棄の手続きなどはお任せするとのことでしたので、廃棄の処分価格を差し引かせていただき、税込み432000円で買い取りさせていただきました。

お客様のご感想

後日、あんなに大量にあった在庫が、一括で処分できて、不動産屋への物件引き渡しもスムーズにできてとても助かりました。
金額についても大した価格にはならないと思っていたので、とても助かりました
とのことで、お客様も大変喜ばれておりました。

在庫買取.jpではワンピースからレザージャケットまで、何でもお取り扱い可能です。特にアパレル在庫は最も多く持ち込まれる商品です。
在庫でお困りの際は是非一度在庫買取.jpへお問い合わせ下さい。

2017-09-27 | Posted in アパレル, 在庫買取

 

廃業に伴う在庫買取の事例(後半)

前回記事に続きます。静岡のアパレルの小売店へお伺いし、アパレル商品の在庫買取をご依頼賜りました。いよいよ、倉庫内を拝見いたします。

アパレルイメージ 実際にアパレルの在庫買取品が保管されている倉庫を拝見すると、セーターやコート等の商品は、パッキンに収納されておらず、倉庫中びっしりと、シングルハンガーにかけられた状態でした。在庫買取をご希望の商品は、セーターや、ワンピース、レディースのフォーマルスーツ、アンサンブル、革のジャケットなど、種類が豊富でした。

ただ、虫食いの商品もあり、革で出来ている商品タグはかなり傷んでしまっているものもありました。ですが、状況も状況でしたので、他所の業社では買取されないであろうB品も買取らせて頂くことにしました。

もう廃業されるため経済的にも困ってらっしゃるご様子でしたので、在庫買取.jpでスタッフ・トラックの手配、パッキンの用意もさせて頂きました。スタッフ10人がかりで、せっせと梱包作業をすること3、4日・・・。最終的に、10トントラック8台分、パッキンの数にして2400ケースもの在庫買取品を梱包しました。商品は、季節の偏りのないオールシーズンのアパレル商品があり、そして更に冬物の重衣料が多かったので余計にカサが増し、前述のような量になったのでした。

在庫買取品の梱包を終えて、トラックに商品を積み終え、いざ出発です。8台の在庫買取品を乗せたトラックのうち、2台分は買い手がついたので、そのままお客様の元へ商品を直送致しました。残りの6台分は弊社で保管致しました。

後日、お客様よりお礼のご連絡がありました。「正直、自分たちで処分するにしてもお金がかかるので、在庫買取.jpで買い取って頂いて助かりました。」とのことでした。こちらから提示させて頂いたお値段についてもご納得頂いたので、本件は解決致しました。

在庫買取.jpではワンピースからレザージャケットまで、何でもお取り扱い可能です。アパレルは最も多く持ち込まれる商品です。在庫でお困りの際は是非一度在庫買取.jpへお問い合わせ下さい。

2016-12-07 | Posted in アパレル, 在庫買取

 

廃業に伴う在庫買取の事例(前半)

アパレル在庫

以前に廃業による在庫買取について書かせて頂きましたが、同じく廃業で、また少し違ったタイプの在庫買取のお手伝いをさせて頂くことがありました。今回はそちらのお話を書かせて頂きます。

静岡で10店舗のアパレル系の小売店を経営されていた方から、在庫買取の依頼がありました。社長がお亡くなりになり、御子息が閉店する事を決断されたとのこと。遠方で、尚且つ、コートやセーターなど商品の数量がたくさんあるということなので、お見積りもかね一度現場へ伺ってみる事にしました。

現地へ到着し、まず御子息からお話を伺いました。お店は古いタイプのブティックだったそうで、商品一点一点のお値段をお伺いすると、大変高額でした。実際に商品を拝見すると、冬物の女性用のコートに10万円というお値段を付けておられました。そして、社長であるお父様は昔ながらの方で、何があっても値段を下げたくないと仰っていたとのこと。経営が傾きだしても値段を下げることがなかったそうです。そして、その社長がお亡くなりになり、御子息が、このままでは経営が立ち行かないからと、お店をたたむ決心をされ、在庫買取.jpにご依頼下さったのです。

 アパレル商品の在庫買取は弊社では最も多く取り扱い、得意としています。今回の倉庫を拝見すると、セーターや、ワンピース、コートなどが所狭しと保管されていました。次回の記事は、いよいよ倉庫内へお邪魔し、在庫処分品を拝見。在庫処分品の内容や、量、状態、私ども在庫買取.jpは、どのようにして引き取らせて頂いたのか・・・?そういった在庫買取の流れも含め書かせて頂きます。

2016-11-07 | Posted in アパレル, 在庫買取