15年の実績と年間200社以上の経験と対応の法人在庫買取サイト|在庫買取.jp

在庫買取.jp

06-7507-1890

お問い合わせ

OEMの会社からの在庫買取依頼~福袋~

今回はアパレルのOEMの会社からの在庫買取事例です。
商品はレディースのアウターでした。年末商戦の福袋の目玉商品としてOEM会社が製作したものです。中国の工場が納期遅れを起こして、イベント時期に間に合いませんでした。福袋の目玉商品について説明しながら事例をご紹介します。

福袋

最近の福袋事情

最近の福袋は、以前と違い単なるセット売りになっています。以前の福袋は、色々な商品が入っていました。中身は何が入っているかわからない。でも、〇〇ブランドの商品が○点入ってこの値段なら、とりあえず買ってみようか。ただ、着れるのは1~2点で、残りは着れたものじゃない。福袋とは名ばかりで、体よく売れ残りの在庫処分をしているイメージでした。
これが消費者に受け入れられなくなったのです。どれだけ安くても、売れ残りの詰め合わせでは消費者は選ばなくなりました。
最近は中身の見える福袋が主流です。アウターはこの商品、インナーはこれ、ボトムスはこれ…といった感じで。セット売りに近いですね。こうなると、福袋に入れる商品もある程度限定されてきます。
そこで、お得感を演出できるように目玉商品を入れ、そこに売れ残りを混ぜて販売するようになりました。全部定価なら5万円の商品が1万円!必ずこの商品が入っています!と銘打って、お得感と同時に納得感を演出しています。そのため、福袋用の目玉商品を別途製作する会社が増えました。

福袋用の目玉商品はOEM生産で

福袋用に目玉商品を開発するとしたら、注意点はどういったところでしょう?
まず魅力的な商品であるべきです。消費者に買いたい!と思わせる商品を作ることが大切です。もうひとつ重要なのは、福袋ですからお得感を感じさせる価格設定でなければなりません。そして最後に、イベント時期に間に合うように納品できるかどうか…ですね。
(今回の事例では、納期遅れを起こしてしまったので、キャンセルになり在庫入りしてしまいましたが)
以上の3点を踏まえると、私はOEM生産を考えます。
OEMのメリットは、製作コストを抑えれる・数量のコントロールがしやすい・納期スケジュールを管理しやすいことです。ブランド側は商品企画のみで仕事を依頼することができます。

今回の事例

年末商戦用の福袋の目玉商品の製作依頼をOEM会社が受けました。商品はレディースのアウターです。中国にある自社工場に発注しました。この商品が納期遅れを起こし、ブランド側からキャンセルが入ります。年末商戦の福袋ですから、商品が間に合わないからやらないという選択はありません。急遽、代わりの商品を探し、他社ブランドのアウターを仕入れて年末商戦は乗り切りました。
海外の工場で制作した商品が納期遅れを起こした場合、日本に入る前ならキャンセルができるのですが、今回は自社工場だったためキャンセルが不可で、遅れて商品が納品されてきました。ブランド側になんとか買い取ってもらえないか交渉しますが、福袋用の商品のため単体での販売はできないと言われ、在庫入りしてしまいます。
ブランドの名前が襟ネームに入っていたため、処理に困り弊社に相談してこられました。何か提案をしてもらえないかというお申し出だったので、サンプルを取り寄せて確認しました。商品は冬物のレディースアウターが2000点です。ブランド名が出ないようにとのご要望でしたので、今回は襟ネームをカットして販売することを提案しました。
冬物のアウターの場合、ネームカットができない場合があります。ダウンや中綿の商品だと、羽や綿が出てしまうのでネームカットができません。幸いこの商品は違ったので、処理は早く終わりました。2000点で90万円の買取でした。

在庫買取のプロのアドバイス

今回のケースは、まずイベント商品の納期遅れを起こしてしまったことが原因です。時期を逃すと売れない商品は、納期遅れを起こさない仕組みを作ることが大切です。
ブランド名が出ないように処理することは可能ですが、商品によってはネームカットができないためコストがかさみます。弊社目線でいうとこの辺はラッキーだったと思います。
福袋もイベント商品にあたるので、時期が決まっている商品は最新の注意を図りましょう。

2018-09-27 | Posted in アパレル, 在庫買取