15年の実績と年間200社以上の経験と対応の法人在庫買取サイト|在庫買取.jp

在庫買取.jp

06-7507-1890

お問い合わせ

滞留在庫

建築資材・建設資材を取り扱う商社(卸売り)と在庫処分方法

建築資材
■建築資材・建設資材を扱う商社とは?

一般に建築資材や建設資材を扱っている商社とはどのようなものかと言うと、メーカーとエンドユーザーの間に入る企業のことを言います。
例えばネジやボルトを作っている製造メーカーがあれば、それらを使用する会社に対してメーカーの代わりに販売してあげる企業のことです。このような間に入って販売する企業が商社・問屋と呼ばれますが、企業規模も大きいものから小さいものまで様々です。一流企業のような大きな商社もあれば、街の小さな問屋さんもあり、それらを総合して商社・問屋と呼ぶことができます。業種でいえば卸売業となります。それでは、これらの建設資材を扱っている卸売業とは一体、どんな商材を扱っているのでしょうか。

■扱っている主な商材とは?

これら建築資材や建設資材を扱う会社は国内でも無数に存在しますが、主な商材は一体、どのようなものでしょうか。わかりやすく例に挙げると建築資材とはネジやボルト、アングルピース、胴縁、ブレースなどの建材分野、室内ドア、手すり、床下収納庫、調湿材、床塚、フロアー材、巾木などの内装建材分野が挙げられます。

また、建設資材では建設機械から電材、工具、溶剤、ワイヤー類など多岐にわたります。ビルやマンションを建設する際に使用する鉄骨部材やそれに付随する商材が主なものとなります。建築・建設資材の中には服や靴、手袋、塗装用品なども含まれ、総合して販売している商社や問屋さんが多いでしょう。取引先は主にエンドユーザーである企業と直接取引しています。

■滞留在庫と不良在庫

商品を在庫して販売している会社には、必ず滞留在庫や不良在庫といったものが付いてまわります。「滞留在庫」とは、ある一定期間を通り越して長い間滞留している在庫のことで、売れ残った在庫などの事を指します。「不良在庫」とはいらなくなった在庫、使わなくなった在庫のことで登録がなくなったものを指します。売れ残りによりコード登録がなくなり、商品だけが倉庫に残った状態です。これら「滞留在庫」や「不良在庫」は商品を仕入れた段階で「買掛金」が発生していますが、いまだに物を販売できていない状態なので、これが増えると経営を圧迫することは言うまでもありません。早急に対処する必要があります。それでは、増えた「滞留在庫」や「不良在庫」はどのように処分すればいいのでしょうか。

建築資材
■滞留・不良在庫の処分方法

現状、滞留・不良在庫が出てしまうことは珍しいことではありません。メーカー、卸売り、小売り業界問わず、在庫を抱えている企業は必ずこれらが発生します。問題はこれらの処分方法で、やり方は様々です。建築・建設資材を扱う商社を例に挙げれば、得意先に安価で販売してしまう方法が最も多いでしょう。倉庫に眠っていた在庫とは言え、商品のクオリティーは新品同様高いので、必ず必要としてくれる企業があるはずです。営業マンがいればすぐに申し入れてみましょう。また、どうしても売れない場合は廃棄処分にする前に、在庫処分業者を探してください!今やインターネットが普及した時代にこのような業者を探すことはそう難しいことではありません。少しでも利益に変えるように努めることをおすすめします

■在庫を数値化する棚卸しの重要性

実際に販売した商品を仕入れるのにどれだけのお金が掛かったかを知ることはとても大切なことです。この掛かったお金のことを売上原価と言いますが、次の公式により求めることができます。

売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高

現在、保有している在庫金額と売上原価を数値化することは次の経営方針を立てるのに非常に役立ち、棚卸しによって全てが明らかになります。滞留在庫などの数が増えれば、在庫金額を圧迫しますので、必要に応じて必ず棚卸しを実施し、適正な数値を導き出してください。また、在庫金額を減らす手段として在庫の処分方法は常に考えておかなければなりません。日頃から営業していく上で滞留・不良在庫を確認しておき、できる範囲で販売しきってしまうのが増やさないコツと言えるでしょう。

2017-07-10 | Posted in 在庫処分, 滞留在庫

 

期末在庫と税の関係について

前回のブログでは余剰在庫が引き起こす会社のリスクについて説明しました。
今回は決算時に在庫を抱えてしまった場合の税務上の関係について簡単に説明してみたいと思います。
どこの会社でも決算時にはなるべく在庫を抱えないようにしていると思います。
決算時に在庫を抱えると良くないとのは、社長や上司に言われたりしてみなさん感覚的にわかっている方が多いと思うのですが、なぜよくないのでしょうか。
棚卸しの時に、在庫を数えるのが面倒だから。もちろんそれもありますが、会社の利益の算出に関わることなので少し整理して考えてみましょう。

在庫にも税金がかかるの?

正確に言えばノーです。
でも税金は会社が計上した利益(所得)に対して税金がかかります。
でも、在庫で残っているのだからそもそも利益を出してないのでは?
厳密に言えばイエスです。
商品は販売されて、お客様のところに届いて初めて売上になり、会社の利益になります(安売りしすぎると必ずしも利益とはいえませんが・・・)。
でも期末在庫の数は会社の利益に影響します

税金を計算するときに必要な売上総利益について

ここで税金を計算するときに必要な「売上総利益」について整理してみましょう。

売上総利益=売上-売上原価

当然の話ですが、売上は高ければ高いほど利益につながるし、売上原価は低ければ低いほどこちらも利益につながります。でも商品が売れてないから在庫になってるのだから、売上にも売上原価にも在庫は関係ないじゃんとみなさん思いがちですが、ここに落とし穴があります。ちなみに売上原価の計算式は次のとおりです。

売上原価=期首在庫+仕入高-期末在庫
売上総利益計算式

つまり、期末在庫が多ければ多いほど売上原価が高くなる。結果として、売上総利益も高くなり税金が増えるということになります。売れる見込みのある商品の在庫はいたしかたないですが、この期末在庫の内容で滞留在庫が占める割合が多くなれば多いほど無駄に税金を払い続けることになります。

在庫の内訳は適切を適切に保つためにも

前回の記事で3つのリスクについて説明しましたが、今回の話題は隠れた4つ目のリスクですね。期末が近づくにつれなので、少しでも現金化できる可能性のある商品は現金化してしまったほうが得策です。その際は我々在庫買取.jpに是非お声かけください。迅速に対応させていただきますよ。

お問い合わせはこちら

2014-09-25 | Posted in コストカット, 在庫処分, 滞留在庫, 適正在庫

 

余剰在庫から生じる会社のリスクについて

最近、黒字倒産という言葉をよく耳にします。
業界によって原因は様々ありますが、黒字で利益が出ているのに、なぜ倒産するのでしょうか?利益が出ているにもかかわらず、会社にキャッシュ(お金)がなくなって、支払いができなくなると、その会社は倒産します。アパレルや食品、電化製品など商品を仕入れて販売する場合、倒産する会社の多くは、余剰在庫滞留在庫を抱え過ぎたことが原因となっています。多くの経営者や管理者の方が、在庫に頭を悩ませているのが現状です。

なぜ余剰在庫が会社経営のリスクになるのか?

1.キャッシュフローが悪くなります

在庫にかかった商品や原材料、経費は支払った分既に発生してしまいます。在庫金額が500万円ある場合は、資金(キャッシュ)も500万円無くなっています。仮に売上自体は前年比で伸びていて業績が好調なように見えても、キャッシュフローを見てみるとお金が減っているケースもよく聞きます。そうなってくると非常に危険です。

2.無駄な経費が会社を圧迫します

在庫商品を管理するだけでも、時間・人件費・在庫スペースがかかりますが、会社に利益をもたらすことは一切ありません。何よりもいつも同じ在庫に囲まれていると現場社員のやる気にも影響が出てしまい、当然会社の売上にも影響してしまいますよね。

3.商品の劣化や陳腐化が発生します

食品などの場合、商品に賞味期限があるので、期限を過ぎると売れません。電化製品やアパレル商材の場合も新品であっても、季節はずれや型落ち品などの理由により、販売しにくい状況がうまれます。つまりほとんどの商品は店頭に並べて時間が経てば経つほど価値が下がっていき、たとえ販売できたとしても利益は減って行きます。

在庫処分する際のメリットデメリット

こうした問題を回避するには様々な方法がありますが、それぞれのメリットデメリットを比べてみましょう。

廃棄

メリット
・2の問題回避が出来る
・商品廃棄損として計上することで資産を減らすことが出来るので税金対策になる
デメリット
・廃棄するにもコストがかかる
・キャッシュフローは改善されない。

在庫セールなどの催事で処分

メリット
・問題1~3すべてが一応は解決できる
デメリット
・ブランドによってはブランドイメージに傷がつくことがある
・催事などを行うにもスペースや人件費など経費はかかるが、全て販売できるとは限らない。

在庫処分会社に依頼する

メリット
・1~3全て解決できる
デメリット
・引き取ってもらう会社によってはどこに流通されるかわからない。
・昔ながらの業者が多いので、言った言わないなどのトラブルもある。

催事を行って全て不良在庫を処分できるノウハウを持った企業であれば、催事がおすすめですが、大多数の企業にとっては催事での在庫処分は経費とリスクが高いと思います。そんなときは是非当社に在庫処分の依頼をしてください。自分たちで言うのも気が引けますが、我々は誠実な対応をモットーとしているので、流通させる際はお客様との約束は必ずお守りします(参照:アパレルの現金買取で弊社が強い3つの理由)。

不良在庫に困っている企業に少しでもお役に立てれば幸いです。まずはお気軽にお問い合わせください。

2014-09-25 | Posted in コストカット, 在庫処分, 滞留在庫