15年の実績と年間200社以上の経験と対応の法人在庫買取サイト|在庫買取.jp

在庫買取.jp

06-7507-1890

お問い合わせ

お客様の声

よくあるご質問ー在庫買取の流れについて2

在庫サンプル

記事の続きです。

奈良でレッグウェアを取り扱っておられるT様の会社へ

在庫商品の確認と見積りへ伺いました。

当日現場で確認したところ、

外からでは何が入っているのか分からない状態でした。

さらに、現地でのヒアリングで以下のことが分かりました。

・在庫商品の中にはB品も含まれている。

・商品全体の10%くらいはB品が混ざっていると思われる。

・複数の段ボール箱に混在しているのではなくて、ある程度かたまって存在する。

以上を踏まえB品がたくさんあった場合、

それも含めお見積もりご希望とのことでした。

 

在庫商品の入った段ボール箱は弊社スタッフが確認します。

2~3時間かけて20箱ほどを開梱し、商品のチェック。

結果的には良品が多く、また、仰っていたB品は10%も無さそうでした。

そして、もし取扱い困難なレベルのB品があった場合、

その品番の分は御返金頂くことをご了承のうえ、お見積もりをさせて頂きました。

弊社から提示した金額は、一足25円。

 

他の在庫買取業社に何社か見積もりを取られる御予定とのことだったので、

T様からのご連絡をお待ちすることになり、この日は終了。

来来亭の限定30食の旨辛麺を頂きながら、

スタッフと「T様の在庫、うちで買取が決まればいいね。」という

お話をし、その日は帰途に着いたのでした・・・。

そして、一週間後。

T様よりご連絡がありました。

弊社で買取をさせて頂けるという結果のご報告でした。

弊社を選んだ理由を聞いてみました。

弊社を選んで下さった理由として、

・買取金額が一番高かった。

・人柄が誠実で、説明が充分であった。

そしてT様が弊社を選んで下さった大きな決め手になったのが、

「現在の取引先様に迷惑をかけない販路でやり取りし、

販売先もきちんと報告するのでお任せください!」

この言葉があったからだそうです。

他の在庫処分業社に買取られると、

その商品を一般市場に流され、現行商品も売れなくなるということが

起こってしまいがちですが、弊社ではその心配がありません。

その心配を払拭することは勿論ですが、

その点をお客様にしっかり説明をして差し上げることもとても大事・・・。

今、弊社の倉庫にうずだかく積み上げられた、

20万足のレッグウェア(の段ボール箱)を見上げながら、

つくづくそう思ったのでした・・・。

 

在庫買取をご希望の方へ

まだまだ、在庫を抱えておられ対処の仕方が分からずにお困りのお客様が沢山います!

そして、実際のところ、どのような流れで、在庫商品が取り扱われるのか見えずに不安で、

在庫処分に対して二の足を踏んでいらっしゃるお客様もまだまだおられるようです。

弊社では、そんなお客様に丁寧に説明させて頂き、ご満足頂けるように商品の取扱いを致します。

在庫処分に関する内容でご不明点がございましたら、御遠慮なく、お気軽にお問い合わせ下さい。

2016-01-19 | Posted in お客様の声, よくある質問, 在庫買取

 

今年のアパレル業界の動向は?

アパレル在庫

明けましておめでとうございます。
本年も 在庫買取.jp をどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年になりましたね。
1月に入って5日目。
お正月の休みボケを引きずりつつ、
そろそろお仕事モード・・・といったところでしょうか。
ここ数日は、
1月なのに3月下旬なみのぽかぽか陽気のせいで
睡魔に襲われて困っております・・・。
そんな睡魔はさておき、

このぽかぽか陽気の暖冬はアパレル業界にも多少なりとも影響があります。
先日弊社へお越しになった、
常連のお客様M様とも、そんな話題になりました。

兵庫・大阪でアパレル店の経営をされているM様は、週2回で弊社に来られ、弊社の在庫買取商材を
一回あたり、だいたい2000点ほどご購入下さいます。
とにかく安売り、『安さで地域ナンバーワン』を目指しておられ
商品点数を特に重視されているので、

その日弊社でアパレル在庫買取されました商品一覧

アパレルイメージアウターアパレル:200点
ストール:100点
ニットアパレル:500点
お任せのバラの商品:1000点
アパレルブランドのキャリー商品(前年のブランド商品):300点

などなど
たくさんのアパレル商材を買取下さいました。

 

M様とは、
趣味の野球のお話から仕事のお話まで、
色んなお話をさせて頂くのですが、
今回は先週売れたアパレル商品・売れなかったアパレル商品のお話になり

途中「今年の冬は、アウターが厳しい。」
というお話に。

今年の冬は、アウターが厳しい?

暖冬のせいで、
昨年は12月に入ってから最高気温が10℃を下回った日がありません。
11月で寒くなっていないと、アウターはなかなか売れないのです。
今年、アウターは大丈夫でしょうか・・・?(切実)

ニットその代わり、
目のつまった薄手のニットは
今年みたいな気候だと使い勝手が良いからか売れている
といったお話で盛り上がっているうちに、
時刻はなんと深夜の1時になっていました!(M様は22時に来られました。)

弊社へ来られるお客様は、たいてい夜からお見えになり、
アットホームがゆえに和んでしまい、
さらにお話(勿論商売のお話し)も盛り上がるので、
ついつい夜も更けてしまう状況です。
そんな訳で、お帰りの際は深夜になることが多いので、
暖冬とは言え、この時期のこの時間は、やはりアウターは必須です!

明後日からまた
平年並みの寒さに戻るとも言われているので、
皆様も温かくしてお過ごし下さいね。

2016-01-07 | Posted in アパレル, お客様の声, 在庫買取