15年の実績と年間200社以上の経験と対応の法人在庫買取サイト|在庫買取.jp

在庫買取.jp

06-7507-1890

お問い合わせ

納期遅れでキャンセルとなってしまったワンピース2500枚の買取事例

OEMイメージ

納期遅れでキャンセルとなってしまったワンピース2500枚の買取事例

OEMの依頼を受けて製作したワンピース2500枚が、まさかの納期遅れ。納品が間に合わずキャンセルとなってしまいました。
次の商品を作るお金が無いので、この納期遅れのワンピースを買取してほしいとのご依頼でした。

一般の方にはあまり耳にしない言葉かもしれませんが、弊社もアパレルブランドを運営しておりますので、我々には「納期遅れ」は良く耳にする言葉です。
言葉の通り、予定していた納品期限までに商品を納めることができない状態を指します。

納期遅れを起こしてしまうと、今回のケースのように発注済の商品でもキャンセルされてしまいます。というのもアパレル商材は季節商品ですから、適切なタイミングで商品が店舗に並ばないと売れ残りのリスクが跳ね上がります。納期に遅れるなら買いません、となるわけです。
ですが、納品後に商品代金を発注者からいただくわけなので、材料費・人件費をかけて商品を製作して、この商品はお金をかけて作ったけれど、販売先(コスト回収先)が無くなってしまった!の状態です。このように、納期遅れは最悪の場合は、会社が倒産するほどの重大な問題に発展してしまいます。

納期遅れを起こさないように、計算したうえで製作の発注をかけます。ですが、現在は基本的にアパレル商品は海外生産になっています。そのため、やり取りの不備が起こった場合に軌道修正するのに時間を要するケースが多くなってきています。そのほかにも、商品の材料の入荷遅れがあったりなどなど。様々な要因で納期遅れは起こってしまいます。

お見積もり

今回は納期が間に合わなかっただけで、商品のワンピース自体は完全に新品のものです。また、OEM商品は流行を反映したものが多いのですが、今回もまさにその通りの商品でした。バイヤー目線で判断しても、多少高価に買取しても弊社の販売ルートで確実に売り切れるなと自信がありました。

お客様からの要望で「ブランド商品なので、ブランド名が出ないようにしてほしい」という指示がありました。
弊社でブランドネームの入ったタグを替える作業を行い、海外市場での販売を提案させていただきました。今回は、お客様にも満足いただける提案ができた実感がありました。

買取結果

OEM商品は流行ものがほとんどです。買取依頼は早めにされることで、高値での買取が可能になります。

弊社でのタグ替え作業のコストも先方にお伝えして、金額にも納得していただきました。120万円でワンピース2500枚の在庫を一括買取いたしました。

2017-10-02 | Posted in |