15年の実績と年間200社以上の経験と対応の法人在庫買取サイト|在庫買取.jp

在庫買取.jp

06-7507-1890

お問い合わせ

アパレル

今年のアパレル業界の動向は?

アパレル在庫

明けましておめでとうございます。
本年も 在庫買取.jp をどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年になりましたね。
1月に入って5日目。
お正月の休みボケを引きずりつつ、
そろそろお仕事モード・・・といったところでしょうか。
ここ数日は、
1月なのに3月下旬なみのぽかぽか陽気のせいで
睡魔に襲われて困っております・・・。
そんな睡魔はさておき、

このぽかぽか陽気の暖冬はアパレル業界にも多少なりとも影響があります。
先日弊社へお越しになった、
常連のお客様M様とも、そんな話題になりました。

兵庫・大阪でアパレル店の経営をされているM様は、週2回で弊社に来られ、弊社の在庫買取商材を
一回あたり、だいたい2000点ほどご購入下さいます。
とにかく安売り、『安さで地域ナンバーワン』を目指しておられ
商品点数を特に重視されているので、

その日弊社でアパレル在庫買取されました商品一覧

アパレルイメージアウターアパレル:200点
ストール:100点
ニットアパレル:500点
お任せのバラの商品:1000点
アパレルブランドのキャリー商品(前年のブランド商品):300点

などなど
たくさんのアパレル商材を買取下さいました。

 

M様とは、
趣味の野球のお話から仕事のお話まで、
色んなお話をさせて頂くのですが、
今回は先週売れたアパレル商品・売れなかったアパレル商品のお話になり

途中「今年の冬は、アウターが厳しい。」
というお話に。

今年の冬は、アウターが厳しい?

暖冬のせいで、
昨年は12月に入ってから最高気温が10℃を下回った日がありません。
11月で寒くなっていないと、アウターはなかなか売れないのです。
今年、アウターは大丈夫でしょうか・・・?(切実)

ニットその代わり、
目のつまった薄手のニットは
今年みたいな気候だと使い勝手が良いからか売れている
といったお話で盛り上がっているうちに、
時刻はなんと深夜の1時になっていました!(M様は22時に来られました。)

弊社へ来られるお客様は、たいてい夜からお見えになり、
アットホームがゆえに和んでしまい、
さらにお話(勿論商売のお話し)も盛り上がるので、
ついつい夜も更けてしまう状況です。
そんな訳で、お帰りの際は深夜になることが多いので、
暖冬とは言え、この時期のこの時間は、やはりアウターは必須です!

明後日からまた
平年並みの寒さに戻るとも言われているので、
皆様も温かくしてお過ごし下さいね。

2016-01-07 | Posted in アパレル, お客様の声, 在庫買取

 

現金買取

当社は在庫を一括で現金買取する在庫処分会社です。しかし、ひとえに在庫処分の会社と言ってもどんなときに当社に声をかけたらいいのでしょうか?

アパレル在庫また、現金買取した在庫がどのように市場に出回っているのか。

やり場の無い在庫を抱えてしまった方に向けて記事を書いてみました。

在庫抱えたままだとどうなってしまう?

お問い合わせ例えばアパレル業界や家電商品を取り扱っているお店を例にしますと、売れ残った商品を売り場に放置しておくと、お客さんに対して「いつも同じ商品が並んでいるお店」という認識になり、お客さんから飽きられて客足が鈍ってしまいますよね。

アパレル業界では季節ごとに売り場が一新されたり、家電業界でもすぐに新しい技術を搭載した新商品が出回ってきます。

管理者としては常に売り場を新鮮に保つために、新しい商品を仕入れながら魅力的な売り場を維持しておく必要があると思いますが、商品企画から携わったり思い入れのある商品だとどうしても目の前で販売したくなる気持ちも痛いほどわかります。

しかし以前のブログ記事(※アパレル商材は在庫処分が難しい理由)でアパレル業界を例にご紹介しましたが、どんなにいい商品であっても必ずといっていいほど在庫を抱えるリスクはついて回ります。

在庫処分屋(バッタ屋)の役割

会社様ごとに在庫と判断する基準はお持ちだと思いますが、在庫が不良在庫になった際は皆さんどうされてますでしょうか。ワゴンセールやなどを行って安価に販売したり、様々な販売戦略があると思いますが、企業イメージもあってあまり安売りはしたくない会社様もいらっしゃると思います。

かといって在庫をただただ積み上げてると会社の経営を圧迫することにもつながりますし、会社の経理を潤滑にまわすためにも、少しでも現金に変えて別の商品の仕入れにまわして、売り場の鮮度を保ちたいと思う方もいらっしゃるはず。そのような時は、我々のような在庫処分屋さんが一括で引き取らせていただきます。

在庫を処分するときのメリット・デメリット

しかし、昔からこの在庫処分屋というのが、一般的にはあまり評判がよくありません。
会社によっては在庫買取(バッタ屋)という名前を聞いただけで、拒否反応してしまうところもあるでしょう。なので、誤解を解くためにも改めて在庫買取を行う際のメリット・デメリットを整理してみました。

メリット

      • 一括で在庫を現金買取してもらえる

→在庫処分で現金が手に入り、次の販売戦略に活かせる
→倉庫の管理費用など余分にかかっていた費用が抑えられる

      • 売れ残り品をどう販売するかというネガティブな思考から、新しい販売戦略によるポジティブな思考に切り替えることが出来る

どうしても在庫の処分という仕事はマイナスイメージの伴う仕事です。
それよりは社員の方たちに売上を上げるためにはどうすればいいか?
接客方法を改善したらどうか?次はこういうものを商品開発してみてはどうか?等
ポジティブな仕事に専念させたほうが結果的に会社の利益につながります。

デメリット

    • 在庫処分商品の取引だけで見ると、赤字になる
    • 商品がどこに流れるかわからない
    • 現行の販売価格が損なわれる(ブランドイメージ)などの影響が出ることがある

 

弊社の在庫処分品は安心した状態で市場に出回ります

当社では在庫の処分方法をお客様に様々な角度からご提案させていただきます。
例えばお客様に対しての見せ方・観点を替えてみたり、一緒に提案する商品の組み合わせを変えてみたり、販売ターゲットを変えてみたり、、、。

既存の考え方に捉えられず、新しい魅力を目一杯探します。
そして、お客様のご希望される方法で在庫を処分するので安心です。

自社商品(ブランド)の安価流通が心配!→そんな場合はタグなどを切り、一般商品として販売いたします!箱を外してB品として販売、品番を明らかにせずに販売など、御社に合った販売方法をご提案します!

最近では企業ブランドを損なわないために、催事としてあくまで自社でセールなどをされるケースもあるようですね(社員の家族やSNSのフォロワーのみが入場できるようなものなど)。でも催事を行うとなると、通常とは別のスタッフを用意する必要があったりと、結構予算と手間もかかります。当社ではイベント好きなスタッフがとても多いので、最近では催事のお声掛けもいただくようになりました。張り切って催事を盛り上げさせていただきます(笑)

法人在庫の現金買取は当社にお任せください

当社では15年間、他の人がやらないことを常に一手間かけながら、徹底的に効率化を目指して成長してきました。
そしてあたりまえの商業倫理を、粛々と何十年もの間に渡って守ることにより、弊社は在庫買取業界で最も信頼される会社になることができるように努力しています。

「正当な理由がない限り、見積もりを途中で変更しない」
「正当な理由がない限り、一度商品を買うと言ったら買う。」
「多少のB品は文句を言わない。(2%程度のB品でしたら、高額でない限りは文句を言わず、そのままお引き取りします。)」

他の同業者がやりたがらないことも基本的には喜んでお受けしますし、在庫処分したいのだけれどこんな方法でうまく処分できないかな?といったようなご相談は大好物です。自分たちのアイデアでお客様が喜んでくださるのなら、どこにだって飛んで行きます。

是非、お問い合わせ・ご相談お待ちしております。

お問い合わせはこちら

2014-07-30 | Posted in アパレル, 現金買取

 

アパレルの現金買取で弊社が強い3つの理由

アパレル業界の在庫の現金買取ビジネスで上位を自負してるわが社ですが、今回はなぜ弊社がアパレルの在庫の買取で選ばれるのか?
他社には真似できない強みの部分について紹介させていただきます。

在庫処分業界の過去と現在

バブルの時代は本当にすごくて、アパレルですとジョルジオアルマーニのネクタイの在庫が一本300円で5000本とか、そういう時代だったみたいです。誰がどうやっても儲かる、みたいな状態です。
バブルの時に凄い儲けた方は今も大御所として残ってらっしゃいます。
そんなバブルの良かった時代は早々に終わり、バッタ屋もどんどん倒産して、商売がシビアになってきました。

昔は、アパレル在庫を安く買って、安く売れば儲かったのですが、最近は商品を工夫して売らないと、どれだけ安く売っても売れない。
在庫処分屋さんなのに、こういうことをいうのおかしいかもしれませんが、ユーザーが値段で選んでいる状況ではない。
そう思います。

弊社の3つの強みとは

そんなわけでただ安く買って、安く売ればいいという時代でなくなった現在
弊社が企業様に選ばれ・リピートしてもらえる理由(強み)とは

1 アパレルの仕分け
2 誠実
3 性格

この3つになります。
これは他社には決してマネができないコアな部分です。

1.仕分け

仕分けとは単純にアパレル在庫の種類等によってカテゴリーを分ける作業です。
簡単に見えますが、実際は非常に手間・コストがかかりますし、ノウハウもいる重要な作業です。

アパレルの在庫買取は主にダンボール何箱(数万点)とか中身はごちゃごちゃで依頼が来ます。
一般的なバッタ屋さんや他社の在庫処分業の方、ブローカーの方などは丸々転売するのが通例です。
なぜならめんどくさいし、コストが掛かります。
また、バッタ屋さんはいつ仕入れが無くなるかもしれないので、基本的には少人数、少固定費での運営を好みます。

でも、今はモノが売れないから、一万点を丸々どこかの会社に売るということはできません。
「この前、在庫処分屋さんから買った特価品一万点の中の、売れないものが売れ残ってしまった。
今後は選んで買わないといけないが、現場には選ぶ能力ないから昔ながらのバッタ屋さんからは買えないな」となるわけです。

在庫買取.jpは、この「面倒な仕分け」をお客さんのために仕分けしています。
外注の人やパートで働いてくれてるお姉さん達に粛々仕分けてもらう
例えばアパレル在庫では、3パターンに仕分けます。
A・可愛くて沢山あるもの。モデルを呼んで写真を撮るコストをかける価値のあるもの。
B・可愛いけど枚数がないもの。モデルを呼んで写真を撮るコストに見合わないもの。
C・可愛くないもの

仕分けをすることによって、お客さんが買いたくないものを買うリスクが下がる。
みんな、安くてもいらないものはいらないんです。
弊社は仕分けるから、そのムダがなくなる。
だから、みんな弊社に依頼しますし、またリピートして仕事がもらえるのです。

2.誠実である会社

弊社にしか在庫を出さない、という会社が沢山居ます。
それは弊社が在庫処分屋さんの中で、トップレベルに誠実だからです。

誠実であるということは弊社の人事でも重要視しております。
お客様に誠実。仕事に誠実でないと会社の業績は伸びないと私は考えております。
誠実であるのは当然と思われがちですが、

なぜなら皆さんのご想像通り、在庫処分屋さんの中には不誠実な人が非常にたくさんいます!!

・在庫をメーカーさんから買ってもどこに売ったかわからない。
・帝国データバンクに情報を出していない。(信用調査しにくい)
・そもそも言った言わないの話が多い。
・従業員を教育する、という観点が存在しない。

私は、在庫処分屋は値段だけじゃないと思ってます。
例えば、メーカーさんの在庫を買うときに、他の在庫処分屋さんと値段の勝負になることが有ります。
私がメーカーからいつも300円で買わせてもらってる在庫を、他の在庫処分屋さんが350円で買いますと言って奪っていく。
でも、半年も経てば、メーカーさんから「やっぱり在庫買取.jpさんに買ってもらえないだろうか」と話が来ます。
【やっぱり在庫買取.jpに頼みたい理由】

1・予想外の会社に売られていた

2・支払いが悪い

3・350円といっていたのに250円でしか買えないとなった

4・10000点オールで買うとなったのに、5000点以降引き取れないとなった。

弊社はこういったことが会社創立以来ほとんどありません。
嘘は言いたくないので正確に書きますと、
上記の、2.3.4.のクレームを受けたことは過去5年間で一度もありません。

1.に関しては、正直に言うと大量のアパレル商品を扱いますので0ではありませんが、1,2年に一回お叱りのお電話を頂くレベルです。
(弊社の取り扱う大量の物量に対して考えると、上記件数は非常に少なく優秀であると言い訳させてください。
これについても社内ではその都度改善を徹底しており、二度と同じことがおきないよう改善しております。)

また、上記に加え、下記のようなことも心がけています。
・どんなに安くても、必ず値段を返答する。
・出来るだけ全部買うようにする。
・8時間前までに言ってもらえたら何処にでも飛んで行きます(スケジュール開いてたらですが(*^_^*))
・23時までお電話オッケー
・スムーズな現金買取

だから、みんな弊社に依頼します。

3.性格

私は35歳という若輩の社長ですが、こんな私にも経営哲学みたいなものがあります。
その一つとして、性格の悪い人とは商売しない、性格の合わない人は採用しない、というものがあります。

・性格の悪い人とは商売しないっていうのは皆さんも一緒だと思います。
300円で売るとなっていたのに、お金を支払ってから
「やっぱりあと30万円欲しい」
とゴネる方とは誰も商売したくない。

・性格の合わない人は採用しない
弊社では入社の基準があります。
1,仕事が好きな人
2,裏表のない人
この2つを守っている人を採用していますので、弊社の営業マンとの商談は誠実で楽しいとよく言われます。

・また、弊社に案件を紹介していただいたら、望んでいただければ必ずリベートをお支払いします。
よく、「直接取引したいんじゃないの?」と聞いてくる人が居ますが、それはNOです。

なぜなら、経営者が在庫を赤を切って売る、というのは苦渋の決断で、タイミングもあるわけです。
在庫を売るという事に対し、「心理的なタガを外してくれる紹介者様」に対して、私達は心から感謝します。
そのチャンスを我々に優先的に紹介して頂けるというのは大変にありがたいことだと考えています。
弊社は紹介者、ブローカーに感謝します。

 

まとめとお願い

長々とお話しましたが、最後にまとめとお願いです。
弊社は在庫処分業界の中で、日本一の在庫処分屋、バッタ屋を目指しています。
日本一のバッタ屋とは、量、金額共に日本一在庫を売買して、日本一在庫を高く売る誠実な会社です。

だから皆様に弊社は在庫を余っていている会社、在庫を売ってくれる人をご紹介いただきたい。
もしくは弊社の会社の安価な在庫を欲しいという人をご紹介いただきたいと考えています。

弊社は紹介しても問題のない、強みを多く持つ、トップレベルの在庫処分屋です。

皆様からのご連絡をお待ちしております。

2014-07-25 | Posted in アパレル, 現金買取

 

アパレル商材は在庫処分が難しい理由

アパレル業界の流行の移り変わりは、とても早いものです。
季節が変わってから衣料品を用意しても始まりませんから、その季節になる
ずっと前から何が流行するか予測して、デザインを決めたり発注したりしなければなりません。

アパレル商材
そうすることで、季節の変わり目になる前から、店頭には
次の季節の衣料品を並べることができるのです。

当然ながら季節外れのものやデザインが
古くなってしまったものは、店頭に並べることができません。

また小ロットでの発注はリスクが少ない反面、コスト的に無駄は多いため
なるべく大きいロットで発注することが多いです。
そのためどうしても在庫リスクが高くなり、仕入れ担当者の能力によって
無駄のない在庫管理が可能ですが、
それでも在庫が残ってしまうのがアパレル業界であります。

アパレル商材は在庫が残りやすい!

アパレル在庫
しかしながらこのように、随分前から準備をすることで、手違いで想定していたより
多くの商品が入ってきてしまったり、入荷が遅れて季節外れになってしまうことがあります。

あるいは、考えていたような出来ではなく、縫製ミスでB級品になってしまったり、
予測通りに販売がいかなかったり、特定のサイズや色展開のみ売れ残ってしまうこともあります。
そのような様々な事情でアパレル会社に返品されてきたり、卸すことが出来ず
倉庫に眠ったまま不良在庫となってしまう商品が、どうしても発生してしまうのです。

法人にとって在庫はすぐに現金化すべきです!

不良在庫は、倉庫に置いておいても倉庫代がかさむだけですし、
次々と新しい商品を置かなければならないので、在庫処分として値段を下げてでもセールをした方が、
法人としては運転資金となって助かるものです。

しかし、それでも売れない物も当然ありますし、アパレル商材は特にですが、セールをするとブランドイメージに傷がつき、正規料金で売れなくなると懸念するアパレルの法人もあります。

法人自体がセールは絶対にしない!!と決めているところもあるほどです。

そのようなときに利用したいのが、訳あり商品や在庫商品を買い取って
現金化できるように仲介してくれる業者である在庫買取.jp です。

在庫買取.jpは衣料品(アパレル)に限らず様々な商品を扱っていて、
買い取れないという種類の物がほとんど無いのが特徴です!

例えば上述したように安売りすると
ブランドイメージに傷が付くと心配な場合でも、

商材についているタグを切り取っての販売や
国内ではなく海外で売るなど細かく融通がきくので
安心して法人のアパレル業者の方にもお使いいただけます。

お問い合わせはこちら

2013-12-03 | Posted in アパレル, 在庫処分, 在庫買取